スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湿気

全力でっ!消え去れえっ!と叫びたい

熱いんだよ糞野郎。柔道なんて汗びっしょヤバイれす

とりまえず毎日くだらなく下ネタや好きな虹キャラ名や記憶にある台詞を叫んでる

叫ぶというか、友達間で普通に喋ってる。どうやらそういう方面の男友達の対人関係はかなり恵まれたらしく

そんなこんなで今週はテスト週間となり部活がない。俺の気分は妻をなくし自由人となった某名言みたいな感じだ



放課後に呼び出しをくらった。先生ではない

同じクラスの、後ろの席の女からだ

話によると彼女は中学時代から「モアイ」「イースター島」「男女」と影から称されていたそうだ。実際彼女の顔はその言葉を正確に表していた。

それを除くにしても彼女は俺の好みではなく、日曜にあった体育祭の打ち上げで小さな小さな可能性を作った俺は余所見せず余計なフラグをへし折ることにした

結論から言うと彼女は俺に反論の隙を与えず愛を告げ去っていった。隙がなかったというか、言い返すタイミングがなかったというか、つまりそうなのだ。

帰宅後、俺は正直に彼女に俺の想いを告げた。素直に言えばいつものノリで「裁きを下すのは、俺だ!」と、ウッヒョイしつつ「ごめん俺には好きな人がいるんだ」とじんわり彼女に次の恋路へ走るよう進めた。

実に余談だが、席替え前は俺が彼女の後ろだった。次は彼女が俺の後ろの席だ。なんだこの因果は?くそったれ

メールの彼女は淡泊で、それは俺も同じだった。そして勢いに乗った俺は、そのままいつからか好きになっていた別の女へこくry


結論から言うと可もなく不可もなく、俺自身が人生の主人公になって攻略を始めたって感じである




なにこれ俺がいつか夢見たこともなかった青春の一ページすぎワロタwwwwwwww

部活のない日は偶然にも同じ市に住んでる同じクラスの似たような趣味の友達と寄り道して帰るのが楽しい

久しぶりに文章書いたら見直すと妙な文になったでござるの巻
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ユニ

Author:ユニ
どうも。底辺理系です。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリー
最近のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。